Image Portal

写真カメラ、MTB自転車、廃墟探索のサイトのつもりが最近は釣りへシフト・・・。そもそもMTB持ってないんですね。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中一の冬休み

阪神大震災ももう17年も前らしいけど、依然はっきり当時を覚えてるんだわ。

震災の前の日俺は友達と駅前のゲーム屋へ行き、当時流行っていたミニテトリスをようやくGETして、その日は遅くまでテトリスしてたんだわ…。

あり得ない方向から突き上げられ、
目が覚めたらタンスの引き出しがこっちへ水平に飛んで来て訳わからず布団被ったな。

「あり得ない方向から突き上げられ」
って官能小説に出てきそうな文だわ(笑)

んで当時12階建てのマンションの6階に住んでて、「あ、倒れるな。でも死ななそう。真横なら。」とか考えてた。

揺れが収まってからとりあえず早く外に出よう!早く出ないと!
と両親に訴えていた。
真冬でめちゃくちゃ寒い筈なのに、
全く寒さも感じずに手ぶらで外に逃げようと思っていた。さすが中一。

最初真っ暗でわからなかったが、母親がガラスで脚を結構深く切ってしまっていた。
明るい所へ出てから、服や手に付いた血で気づいたんだわ…。

両親と近くの小学校に行くも住人が押し寄せ完全に制御不能。
マンションの所々の部屋で火事も発生していたなぁ。

母親のケガを看てもらいに早く病院に行かなければならんので、
なんとか車を出す事が出来たその辺の人に運良く笹生病院まで乗せて貰えた。
しかし道路がボコボコでアフリカの道なき道より酷い。

病院は今思い出すと典型的なカオス状態で、休む事無く急患が運ばれてきていた。
患者は意識不明などが優先的に治療して貰えるので、母親も結構なケガだったが、一旦応急処置だけで一緒に病院で待っていた。
どんだけ待ったか覚えてないが、
次々と心肺停止な人が運ばれてはマッサージを受けていた。
待ってる間に四人くらい死んじゃったわ…。

まだ携帯どころかポケベルも無かったし、全然安否確認も捗らんかった時代で延々とテレビで流れている犠牲者名簿に知り合いがいないか不謹慎と思いつつ眺めてたわ(^_^;)

先日テレメンタリーていう番組で、
大規模な火災から復興した象徴的な街とされた長田区の現状を見て、未だに震災の影響で明日が見えないような生活を強いられている住民がいる事にかなり衝撃を受けた。
17年経ってますよ?
俺には長田商店街にでも行って、お好み焼きを食べることくらいしか支援は出来ない。
少しづつ記憶やみんなの中の意識が風化していくし、被災したみなさん俺も含めてやはり1.17は人生で特別な日でなければならんよね。
追悼式は遺族の方が優先みたいだし、
今年は爆睡してたけど来年はしっかり黙祷くらい捧げるべきだわ( T_T)\(^-^ )
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 地震・天災・自然災害    ジャンル : ニュース


Comments

Leave a Comment


Body

Twitter
プロフィール

お茶

Author:お茶
兵庫県在住
twitter

カメラカテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。